記事一覧

死ぬ死ぬ詐欺(笑)

今日静岡に行き、3ヶ月前から毎月トロンに療養に来ている方と会ってきました。ものすごく元気になり、顔色もよく血液検査結果も3ヶ月前より随分と良くなっていました。本人曰く、「最近皆に『死ぬ死ぬ詐欺』と言われているんだよ。2月の初めは本当に体の調子が悪くて、皆に俺8月には死ぬと思うから後のことはよろしく頼むな、と言って息子に仕事を譲り、死ぬ準備もしていたけど、最近調子が良くなってきて、ゴルフや大好きな釣...

続きを読む

膵臓がんのお客様

昨日、2ヶ月前からトロンに毎月1週間宿泊する膵臓癌の肝転移の方と電話で話をしました。初めて会ったとき医師から余命6ヶ月と云われていたので、気持ちのゆとりも無く、何をどうしたら良いか途方に暮れている状態でした。先ずは抗がん剤治療をするとのことでしたので、一般的には、ゲムシタビンの投与が主流になっているのですが、海外では、フォルフィリノックスが優れた延命効果を示し、新たな標準治療として注目されているこ...

続きを読む

胸膜中皮腫のお客様、

昨日、2014年の12月12日からトロンにほぼ毎日通っている胸膜中皮腫の方の奥さんと電話で話をしました。検査入院の為1週間トロンを休んでいました。検査結果は、医師が驚くほど病気が進行していないということでした。初めてトロンに来た時は、医師から来年の桜は見られないと云われて本当に気持ちが落ちていました。しかしそれから本当に努力を重ね、3回目の桜を見ることが出来ました。おそらくこのままいけば来年も桜は見ること...

続きを読む

闘病のポイント

昨日、一昨年の9月から毎月花巻トロンに宿泊をしに来られる奥様が悪性度が強く、進行も早いと言われている漿液性腺がんにかかってしまったご夫婦と話をしました。初めてトロンに来たときは、診察を受けた2つの病院で同じように余命6ヶ月と言われ最後トロンに賭けてみよう、と言うことになりトロンに来ました。初めは少し黄疸も出ていて、体調も余りおもわしく無かったのですが、ご主人の「絶対自分より先には死なせない。」とい...

続きを読む

東京事務所に来たお客様

昨日腎盂ガンの疑いがある方が、東京の事務所にトロンの説明を聴きたいと言うことで来社されました。その方は東京でも有名な癌の専門病院で治療をしているとのことでした。その人との話の中で大変驚いたことがありました。とても信じられないことですが、その人の話ではまだ腎盂ガンの疑いと骨に転移の疑いという状態でまだ検査結果も出ていないのに、シスプラチンとゲムシタビンという抗がん剤治療を行っているというのです。普段...

続きを読む