記事一覧

膵臓がんのお客様

2日前に、2ヶ月半前からほぼ毎日トロンに通っている膵臓がんの方と話をしました。この方は抗がん剤治療を併用しています。初めてトロンに来たときには、すでに腹水と胸水が溜まっていて両方とも播種になっていたそうです。150日後に、子供の結婚式が有るからここで死ぬわけにはいかないと本当に真剣に通っている方です。トロン入浴を開始して2週間ぐらいで、腹水が少し減ったようで、寝るときも大分楽になったと喜んでいたのですが...

続きを読む

カミングアウト

2日前に胸膜中皮腫のお客様が入院中の盛岡の病院に行ってきました。この病院の緩和病棟の先生とは、2年前からこの方の親戚と言うことで、治療の相談に立ち会ってきました。しかし今回が最後の相談になると思い、先生に、「先生、実は私はトロンの運営をしている者です。申し訳ありません。」とお話ししたところ、少し驚いた様子でしたが、いやな顔せずに、優しい口調で、「そうでしたか、ウチの病院でもトロンに通っている方がかな...

続きを読む

付き添いで病院へ。

今日、トロンに来ているお客様の依頼で、秋田の横手病院に行きました。今後の治療方針を決めるのに一緒に医師の話を聞いて欲しいとの事でした。この方は5月の20日頃から食べ物を受け付けなくなり、寝る時だけ腰の痛みが出ると言うことで医師から抗がん剤治療を薦められているが、自分はどうしてもやりたくないからそれを正しく伝えて欲しいと言う依頼でした。僕が知っている限りこの方は今まで4人の医師に診て貰っていますが、ど...

続きを読む

死ぬ死ぬ詐欺(笑)

今日静岡に行き、3ヶ月前から毎月トロンに療養に来ている方と会ってきました。ものすごく元気になり、顔色もよく血液検査結果も3ヶ月前より随分と良くなっていました。本人曰く、「最近皆に『死ぬ死ぬ詐欺』と言われているんだよ。2月の初めは本当に体の調子が悪くて、皆に俺8月には死ぬと思うから後のことはよろしく頼むな、と言って息子に仕事を譲り、死ぬ準備もしていたけど、最近調子が良くなってきて、ゴルフや大好きな釣...

続きを読む

膵臓がんのお客様

昨日、2ヶ月前からトロンに毎月1週間宿泊する膵臓癌の肝転移の方と電話で話をしました。初めて会ったとき医師から余命6ヶ月と云われていたので、気持ちのゆとりも無く、何をどうしたら良いか途方に暮れている状態でした。先ずは抗がん剤治療をするとのことでしたので、一般的には、ゲムシタビンの投与が主流になっているのですが、海外では、フォルフィリノックスが優れた延命効果を示し、新たな標準治療として注目されているこ...

続きを読む